かぜに抗生物質はいらない

 小児科に来る子どもたちの多くは、発熱・せき・鼻水・嘔吐・下痢などのいわゆる『かぜ』の症状で来院されます。そしてお母さんたちは、「かぜですか?」とよく尋ねられます。

『かぜ』もいろいろ
 かぜの症状の経過を追っていくと、9割以上がウイルス感染による「かぜ症候群」です。抗生物質を使わなくても、症状を和らげる対症療法(解熱剤、咳止めなど)で自然に治っていきます。抗生物質が効く細菌感染症(溶連菌感染症、細菌性肺炎、マイコプラズマ感染症、細菌性腸炎、菌血症、細菌性髄膜炎など)は、1割以下です。

抗生物質はかぜ薬?
 ふつうの「かぜ」はウイルスが原因なので抗生物質は効きません。抗生物質は腸の中の「よい細菌」まで殺してしまうので、副作用として下痢をすることがよくあります。よい乳酸菌やビフィジス菌が減り、わるい大腸菌が増えることは、乳幼児にとって免疫力が低下し体に悪影響を起こします。また体の中の菌のバランスが崩れて耐性菌ができたりして、体の害になることさえあります。だからふつうの「かぜ」に抗生物質は不要なのです。
ふつうの「かぜ」と細菌感染症をどう区別するのですか?
 問診と診察で判断できることもありますが、ベテランの小児科医にとってもむずかしい判断になります。むずかしいからといって「かぜ」症状の子どもにすべて抗生物質を飲ませるのは、抗生物質の乱用になります。お子さんのようすが良ければ、2日ぐらい経過をみます。ようすが悪ければ、白血球やCRPなどの検査をして総合的に判断します。このような診療により、抗生物質の使用をかなり減らすことができます。

小さい子どもに血液検査はかわいそう?
 指先からほんの少し採血することで、あまり痛くなく検査ができます。一時の痛みより不必要な抗生物質を飲んで耐性菌を作ることの方が、子どもにとって害になります。
 以下のガイドラインは、外来小児科学会の有志が抗菌剤の適正使用のために作成されたガイドラインです。感冒、咽頭炎/扁桃炎、中耳炎、咳/気管支炎、フォーカス不明の発熱のそれぞれの項目について提案されています。医師に対する提案ですが、参考になりますので興味のある項目をご覧ください。

    急性上気道炎および関連疾患に対する抗菌薬使用のガイドライン

          〜私たちの提案〜

      (アメリカ小児科学会の提言)

抗菌薬の不要、不適切な処方が増加、

           診断基準を厳しく...


米国小児科学会(AAP)は、米国疾病対策センター(CDC)と共同して、小児気道 感染症の治療で不要な抗菌薬の使用を減らすための「小児細菌性上気道感染に対する慎重な 抗菌薬処方の原則」を発表。

コンテンツ

えびす子どもクリニック

休診日:日曜・祝日
    木曜午後・第2・4土曜

〒803-0835
北九州市小倉北区井堀3-10-6
   Tel:093-581-0333
   Fax:093-581-0860
Powered by Flips